青森県立中央病院神経内科イメージ

募集要項(後期研修医)

後期研修カリキュラム
(PDFファイル)

神経内科 後期研修医カリキュラム

※カリキュラムの詳細な内容を見ることができます。

青森県立中央病院では2カ年の初期臨床研修修了者に対して、更に専門的な分野でのより高度な知識や技術を習得し、各科専門医の資格取得が可能となるよう資質の向上を図ることを目的として、以下のような神経内科後期研修カリキュラムを実施しております。

後期研修到達目標

充実した後期研修 下記の研修目標に沿って研修し、研修期間は原則3年間とする。
@神経学的症候や病態の意味を正しく理解し、適切な神経学的所見をとることが出来る。
A神経生理、神経放射線、神経超音波、神経病理、神経遺伝学など、各種神経学的検査結果の意味・解釈や治療の内容を理解出来る。また、後述のミニマムリクアイアメントで定めた検査、治療、手技は自ら施行し、適切な判断を下すことが出来る。
B適切な確定診断を行い、治療計画を立案し適切な診療録を作製できる。また、後述のミニマムリクアイアメントで定めた疾患については主治医として十分な診療経験を有する。
C診断・治療方針の決定困難な症例や神経内科救急をはじめ迅速な対応が必要な症例などにおいて、専門医、他科医師に適切にコンサルトし、適切な対応ができる。

施設認定状況・指導医・専門医

1 日本神経学会認定教育施設
2 指導管理責任者名:馬場正之
3 指導医名:冨山誠彦、布村仁一、村上千恵子
4 専門医名:木村珠喜
5 専門医以外の医師:新井 陽、三木康生、西嶌春生

後期研修到達目標

下記の研修目標に沿って研修し、研修期間は原則3年間とする。
  • 1 神経学的症候や病態の意味を正しく理解し、適切な神経学的所見をとることが出来る。
  • 2 果の意味・解釈や治療の内容を理解出来る。また、後述のミニマムリクアイアメントで定めた検査、治療、手技は自ら施行し、適切な判断を下すことが出来る。
  • 3 適切な確定診断を行い、治療計画を立案し適切な診療録を作製できる。また、後述のミニマムリクアイアメントで定めた疾患については主治医として十分な診療経験を有する。
  • 4 診断・治療方針の決定困難な症例や神経内科救急をはじめ迅速な対応が必要な症例などにおいて、専門医、他科医師に適切にコンサルトし、適切な対応ができる。
  • 5 コメディカルと協調、協力する重要性を認識し、適切なチーム医療を実践できる。
  • 6 患者から学ぶ姿勢を持ち、患者と患者の周囲の者に対するメンタルケアの大切さを知り、実践できる。
  • 7 神経学的障害をもった患者の介護・管理上の要点を理解し、在宅医療を含めた社会復帰の計画を立案し、必要な書類を記載出来る。
  • 8 神経内科救急疾患における診察の仕方、処置の仕方について学び、実践できる。
  • 9 医療安全、倫理、個人情報保護の概念、医療経済について必要な知識を有する。
  • 10 カリキュラムの修得度を定期的に自己評価するとともに、指導医の評価も受けつつ、自己研鑽を積み重ねる。
  • 11 ミニマムリクアイアメントは、全項目中80%以上においてAもしくはBを満たす研修を積むことが出来るよう、自施設における習得が不十分な内容は、神経学会をはじめ関連学会の主催する教育講演、生涯教育講演、ハンズオンセミナーなどに積極的に出席し、学習する。

神経内科専門医を目指す後期研修の3年間

1年目
指導医・上級医による指導をうけながら、主治医として外来・入院診療の研鑽を積む。神経内科症例検討会を通じて神経内科の考え方やアプローチ法、知識を学び、必要な診断方法や治療方針を習得していく。また、主治医ではなくとも、カンファレンスや総回診を通じて幅広い疾患に対する理解と経験を深める。電気生理検査業務については、電気診断指導医の下に検査技術を習得し、症例ごとに適切に施行し所見を記載出来るようにする。救急外来では、神経内科救急に対する処置について研鑚を積む。外来では、退院後の患者の治療継続を行い、疾患の縦断像を把握出来るよう努める。指導医や上級医の指導の下、各種書類を適切に記載する。 医療安全・医療倫理の講演会には積極的に出席する。
2年目
引き続き、指導医・上級医による指導をうけながら、主治医として外来・入院診療の研鑽を積む。神経内科症例検討会を通じて神経内科の考え方や知識を深め、診断方法や治療方針を習熟していく。カンファレンスや総回診を通じて幅広い疾患に対する理解と経験をさらに深める。基本的な疾患では指導医・上級医に適宜相談しながら、一人で診療可能なレベル到達を目指す。電気生理検査、筋生検、神経生検などの検査業務についても、基本的な内容は一人で施行出来ることを目標とする。救急外来では、神経救急に対する経験を深める。積極的に外来業務を行い、疾患の幅広い知識を身につけるとともに、疾患の縦断像を把握出来るよう、引き続き努める。指導医や上級医の指導の下、各種書類を適切に記載する。医療安全・医療倫理の講演会には積極的に出席する。
3年目
主治医として外来・入院患者を受け持ちながら各種検査を行うとともに、臨床研修医の上級医としての指導も行なう。教育関連病院との連携を通じて在宅の状況を把握出来るように努め、全人的な診療の中での神経内科診療の習得を目指す。 神経学会の定めるミニマムリクアイアメントを適切に達成出来るよう、指導医と相談し、不足する研修内容は関連病院、学会ハンズオンセミナー、各種学習会などを通じて習得出来るよう研鑽に励む。
©2009 Aomori Prefectural Chuo Hospital Department of Neurology. All rights reserved.